◆ Win10で古いソフトをインストールするための方法(事前知識)

目次
● まず、こちらのサイトをご参考にしてください。
● OS自体をWin10の32bit版にする
● OS自体をWin10の32bit版にする―02(すでにお持ちの64bit版を32bitに変える)
● OS自体をWin10の64bit版にする(すでにお持ちの32bit版を64bitに変える)
● NTVDMを有効にする(32bit版でしかできません)
● 「Program Compatibility Assistant Service」サービスの無効化
● インストーラファイル(exe拡張子)で管理者として実行でやってみる
● インストーラファイル(exe拡張子)の名前を一時的にリネームしてインストールする
● 仮想マシン作成ソフトを使って、古いOSの仮想マシンを作り、その中で動かす。
● XPに入れ替えてネットから切り離して使う
● デュアルブートにする
● 最適OSにいったんインストールし、できたフォルダをWin10にコピペ
● インストールはうまくいったのに起動するとエラーになる場合
● 互換モードで実行する
※Shift+TABキー、もしくは、Homeキーを押すと、目次付近に戻れます。

● まず、こちらのサイトをご参考にしてください。
Windows10未対応な古いソフトを動かすTipsいろいろ
http://freesoft.tvbok.com/win10/launch_non-compatible_software.html

32bitアプリを64bit Windows 7で動かす「WOW64」
http://ascii.jp/elem/000/000/480/480200/
※Win7の情報なのでWin10に適合するかわかりませんが、Win10には「SysWOW64」というフォルダがあるので適合するかもしれません。ヒントにはなると思いますのでご覧になってみてください。

● OS自体をWin10の32bit版にする
XPで動かしていたようなソフトをWindwos10で動かす場合、基本的には「64bitか32bitかで動くかどうかが決まる」というわけではないと思いますが、32bitのほうが動かせる確率が若干高いかもしれません。

XPが(まずほとんどが)32bitだったからです。

ただ、64bitのほうが意外と動いてしまった、ということも起こるかもしれないので、結局はフタを開けてみないとわかりません。

逆に、64bitではダメだった、という場合は32bitで試してみます。

32bitの64bitのPro版のテストマシンが1台ずつ必要だと思います。
次のようなサイトで買えるもので十分です。

中古パソコンサイト(Core2DuoのWin10で数千円で販売されています)
https://www.junkworld.jp/Page/GOODSLIST-193
http://www.uricom-net.com/Windows10_start.php

※サイト内の検索ボックスに「Windows10 Pro 32bit」とか「Windows10 Pro 64bit」など入れて、検索してみてください。場合によっては「Windows7 Pro 32bit」とか7、8、8.1、なども探してみてください。

※あと、32bitのほうが必要なメモリが少ないので、数千円で買うのでしたら32bitのPro版のWindows10がお勧めです。特に2GBしかない本体なら32bitのほうがいいです。4GBにできないかもしれないですし…。64bitは4GB無いと無理です。

※重要事項:Win7プロダクトキーのシールについて
Windows10を再インストールしたときに、何故か、(一度認証されたにも関わらず)認証がされないケースがあります。その場合は本体にWin7のプロダクトキーのシールが貼ってあれば認証されることが多いと思います。

ですので、中古マシンを買うときは、必ず、「Win7のプロダクトキーのシールが貼ってあるもの」を買います。VistaやXPのシールではいけません。また、Win8もダメかも?(いいかもしれないので、自己責任ですみませんが、ご自分でも自費で新中古マシンを新規購入するなどしてテストしてみてください。)
Win8.1の場合は、本体にシールが無くてBIOSか何かに埋め込まれているケースが多いようなので、なんともわかりません。すみません。逆に言うと、だから大丈夫なような気もします。ただ、その場合、再インストール前に、事前にフリーウェアでプロダクトキーを調べておいてください。(後述)

なので、中古サイトでネットで買うときも、必ず、「Win7のシールが貼ってあるかどうか」は先方にメールなどで確認します。

基本、再インストールする場合は、その前に念のために、例えばRJL Softwareの「Windows Product Key Viewer(「@ITの紹介ページ」)」などでチェックをしておきます。
ただ、DELLなどで「全マシン共通」のプロダクトキーになってしまっている場合は判明しても無効かもしれません。(なので、逆に言うと、その場合は再インストールしないほうが無難です。ただ、それはシールが貼ってない場合だけで、シールさえ貼ってあればそれとは別にそのマシン固有の本来のキーが書いてあるので、くどくてすみませんが、シールさえ貼ってあれば大丈夫です。)

また、プロダクトキーを調べるフリーウェアはしっかりとWindows10に対応しているものでないとダメです。Win8.1までしか対応していないものや古いバージョンだったりすると、正常なプロダクトキーの取得ができないことがあります。つまり、変なキーが表示されて騙されます。
その場合、間違ったプロダクトキーなので、前回正常認識していたマシンでもインストールが完了しない・かつ・もうHDDをフォーマットしてしまってきちんと調べなおせない、という非常に運の悪いケースが発生することがあります。
なのでプロダクトキーを調べるときは必ず最新のフリーウェアを新たにダウンロードして使ってください。
ただ、別HDDを用意してそれにインストールしなおせば、そのトラブルは回避できることはできるかもしれません。(新たにHDDを用意して以前のHDDを認識しなくなったらごめんなさい!!基本はほとんど無いと思いますが、まれに、起こるかもしれません!当サイトのことはすべて自己責任でお願い致します!)

● OS自体をWin10の32bit版にする―02(すでにお持ちの64bit版を32bitに変える)
「すでにお持ちの64bit版のWindows10を32bitに変えても困らない」かつ「最新ビルドのWindows10になってしまっても問題ない(むしろその最新で実験したい)」「CPUが対応している」というケースでしたら、新しくテストマシンを買わなくても大丈夫なこともあるかもしれません。
この場合、HDDだけ新しいものを用意してテストすることもできます。
例えば、CPUがインテルのCore2Duoの場合、32bit・64bit、両方対応していて、インストールし分けることができます。その意味でも中古のテストマシンはインテルのCore2Duo2.93GHz以上を推奨しています。

64bitを32bitにするには、「MediaCreationTool.exe」にて「32bit版」のほうのISOファイルをダウンロードするように途中で選択し、そして、ダウンロードし、32bitのインストールDVDを作成して、できれば別HDDを用意してそちらにインストールします。(64bit、32bit、を1台のマシンで使えるかもしれないので。)

「MediaCreationTool.exe」にてDVDを作成するには、まず、https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10にアクセスして、「MediaCreationTool.exe」をダウンロードします。

このページにアクセスしたら、「今すぐアップデート」じゃなくて、「ツールを今すぐダウンロード」のほうを押し、「MediaCreationTool.exe」をダウンロードします(「今すぐアップデート」は絶対に押さないでください。)。このリンクが切れてしまっていたら、「MediaCreationTool.exe」でGoogle検索すればダウンロードページが出てくるかと思います。

ダウンロードしたらダブルクリックします。UAC画面が出るのでOKしてから「同意する」の画面までをやって、「別のPCのインストールメディアを作成する」を押して「次へ」を押します。

「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックをはずし・・・

「アーキテクチャ」で「32bit」を選びます。
※「両方」でもいいですが、たしか容量が4.3GBを超えたかと思うので、2層のDVDの焼き付けに対応したドライブをお持ちでないとDVDに焼けません。「32bit」や「64bit」は1層のDVDに収まります。

そして「次へ」を押します。
「プロダクトキーが要る」みたいなメッセージが出ますが、エディションは変えてなくてビット数だけを変えているので問題ないと思います(基本、一度認証されているマシンならプロダクトキーは要らないと思います)。ただし、プロダクトキーについては再インストール前にすっごく大事なことがあるので必ずこちらのことを確認してください。→こちら

次の「使用するメディア・・・」の画面で「ISOファイル」を選んで次へ。

ファイル名を決めろと言われるので、バージョン番号や32bitとの文言を付け足します。(1枚でProとHomeと両方できます)

「保存」を押すと、ダウンロードが始まります。
既定ではマイドキュメントにダウンロードされます。

これでできたISOファイルを、DVDに焼き込んでインストールディスクを作成し、それを使って32bit版をインストールしなおしてください。

失敗するといけないので最初は別のHDDを用意してそれにインストールしてみるといいと思います。

逆に、1台のマシンで、32bit、64bit、両方使えるので便利かと思います。

● OS自体をWin10の64bit版にする(すでにお持ちの32bit版を64bitに変える)
こちらも、前項と同様です。
32bit版なのに、なぜか、64bitOSで動かしたら動いた、なんてこともあるかもしれませんのでテストしてみる価値はあります。64←→32bitのインストールのし直しなら、一度認証されているマシンならプロダクトキーが要らないことが多いのではないかと思います。

前項と同様、例えば、CPUがインテルのCore2Duoの場合、32bit・64bit、両方対応していて、インストールし分けることができます。その意味でも中古のテストマシンはインテルのCore2Duo2.93GHz以上を推奨しています。

すべて、前項をしっかり読んで対応してください。
特にプロダクトキーの扱いについて。→こちら

● NTVDMを有効にする(32bit版でしかできません)
32bit版をお持ちの場合、ソフトによっては「NTVDM」を有効にすると正常にインストールできたり、動作できたりすることがあります。

Windows98のころのソフトとかも、これを有効にすることで、Windows10上で動くことがあります。

設定方法は以下の通りです。
コントロールパネル→プログラムと機能→Windows の機能の有効化または無効化
→レガシコンポーネント→「NTVDM」にチェックを入れて「適用」

※64bitのWindows10には、この「NTVDM」は組みこまれていません。

● 「Program Compatibility Assistant Service」サービスの無効化
「Program Compatibility Assistant Service」サービスの無効化にすると、「プログラム互換性アシスタント」を停止できます。
Windows7が一番チェックがきついような気がしていますが、「プログラム互換性アシスタント」が有効になっていると古いソフトがそのチェックにひっかかってしまい、古いソフトのインストールが途中でエラーで終わってしまうことがあります。

それを回避するために、「Program Compatibility Assistant Service」サービスを無効化しておきます。

設定方法は以下の通りです。

コンピュータあいこんを右クリック→「管理」→サービスとアプリケーション→サービス
→画面の右側で「Program Compatibility Assistant Service」を探す
→見つけたらそれをダブルクリック
→「サービスの状態」にて「停止」を押す
→「スタートアップの種類」で「無効」を押す
→「適用」

● インストーラファイル(exe拡張子)で管理者として実行でやってみる
「Setup.exe」等々のインストーラファイルを起動して、UACが出て「はい」を選んだあとに、インストーラ画面が消えてしまったり、エラーが出てインストールができなかったときなどに、まず、これを試してください。
絶対ではありませんが、インストールが進むことがあります。

方法は以下のとおりです。
「Setup.exe」等々のインストーラファイルを右クリックして「管理者として実行」を押します。
インストーラが起動するとUACが出るので「はい」を選んで通常通りインストールを進めます。
いつもエラーが出ていたところで出ずに、そのまま進めることができたらOKです。

● インストーラファイル(exe拡張子)の名前を一時的にリネームしてインストールする
これもWin7がチェックがキツイと思うのですが、「Setup.exe」という名前でインストールを開始したときにエラーで止まってしまう場合、「Setup.exe」という名前を「Setup001.exe」という感じにリネームして、それからダブルクリックしてみます。インストールが進む場合があります。

まだ「Program Compatibility Assistant Service」を無効にする前に、何らかの古いソフトの「Setup.exe」を動かした際、そこで一度でもエラーになると「Setup.exeという名前の古いインストーラはダメ!」というような記憶がなされてしまうみたいで、古いタイプの「Setup.exe」はどのソフトのものもインストールが不可能になる(エラーで進まない)ことがあります。

そのとき、「Program Compatibility Assistant Service」を無効にしても、その記憶が消えずにエラーでインストールが進まない場合があります。

そのような場合にこのリネーム策でチャレンジしてみます。

※それでもダメな場合もありますので大きな期待はしないでください。

● 仮想マシン作成ソフトを使って、古いOSの仮想マシンを作り、その中で動かす。
仮想マシン作成ソフト(VMWare、VirtualBOX、クライアントHyper-V、など)を使って、古いOSの仮想マシンを作り、古いソフトはその中で動かします。
具体的な方法は他所で説明します。

※VirtualPC2007は、Windows10(8や8.1も)では動きません。Win7までです。
※「クライアントHyper-V」はWin10Proの32bitでは動きません。Pro以上の64bitのみで作動します。Homeでも動きません。

※参考記事
・Windows10Proの1511の32bitにVMWareをダウンロード・インストールする方法(1607、1703以降の32bit版も基本的には同じです。)
http://euc-access-excel-db.com/tips/ct07_se/ct070710_use_vpc/vmw-install-win10-1511-1603-1703

※参考記事02 クライアントHyper-Vについて(※2018/01/20 追記)
いったん32bitのPro版で認証されたパソコンは、OSをクリーン再インストールしなおせば64bitのProをそのままインストールでき、認証もそのままされます。なので、その場合はクライアントHyper-Vが使えるように思います。ただその場合(Win10の64bitの場合)、メモリが最低は3GBは必要となります。4GBあったほうがいいです。以下、参考記事です。
● OS自体をWin10の32bit版にする―02(すでにお持ちの64bit版を32bitに変える)
http://euc-access-excel-db.com/tips/ct07_se/ct070201_old_software/install#lbl_3
(32bit版のクリーンインストール用のDVDを作成します。これでもともと64bitのWindows10マシンに32bitのWindows10がインストールできます。)
● OS自体をWin10の64bit版にする(すでにお持ちの32bit版を64bitに変える)
http://euc-access-excel-db.com/tips/ct07_se/ct070201_old_software/install#lbl_4
(64bit版のクリーンインストール用のDVDを作成します。これでもともと32bitのWindows10マシンに64bitのWindows10がインストールできます。)
● XPに入れ替えてネットから切り離して使う
XPをそのまま使い、その中で古いソフトを動かします。
あるいは、セキュリティ設定に気を付けて使います。

● デュアルブートにする
Cドライブに先にXPを入れて、次にWindows10を入れます。
古いソフトはXPのほうに入れます。

ただ、最近のパソコンは、HDDがGPT形式だったり、BIOSというか、セキュアブートになってたり、そもそもドライバが無かったり、で、XPが入れられない(もしくは設定変更が必要な)場合がほとんどなので、もし、XPとWin10のデュアルブートをしたかったら、まずはCore2Duoあたりの3GHz以上の中古パソコンを買って、それでテストしてみてください。
※特に初心者の方や兼任社内SEになりたての方はそのほうが絶対にラクで早いです。

Core2Duo中古マシンの入手先など、詳しくはこちらの記事もご参考に。
・1つのパソコンの中でXPとWindows10を同時に使う方法2つ
http://euc-access-excel-db.com/tips/ct07_se/ct070401_xpuse/xp_n_win10_in_onepc

● 最適OSにいったんインストールし、できたフォルダをWin10にコピペ
古いソフトの場合いろいろな面がまだ複雑になっていないため、インストール時にはレジストリになんらかの値を記録したり、いろいろな動作をしますが、でも、なぜかインストール後に、そのソフトのフォルダ丸ごとを別のパソコンにコピーするだけで使えてしまう場合があります。

そのような場合、XPや98などにまずそのソフトをインストールして、その時にできたそのソフトのフォルダを丸ごとUSBメモリなどにコピーします。
そのあと、それをWindows10のDドライブなどに貼り付けて動かしてみます。

● インストールはうまくいったのに起動するとエラーになる場合
この場合も、プログラム本体の「exe」拡張子のファイルをリネームすると動く場合があります。

● 互換モードで実行する
exe拡張子のファイル、もしくはそのショートカットを右クリックしてプロパティの「互換性」タブで設定します。

詳しくは「Windows10 互換モード」などの語句でWeb検索してみてください。

参考Webページ
Windows10 - アプリを互換モードで実行する方法
https://pc-karuma.net/windows-10-apps-compatibility-mode/

多分、「Program Compatibility Assistant Service」サービスを無効化していても設定できると思いまが、有効化に戻してもいいかもしれません。

参考Webページ
【コラム】Windows 8.1ミニTips 第100回 「プログラム互換性アシスタント」を制御する●つの方法
http://news.livedoor.com/article/detail/9761683/