★★★● 安倍とかいう奴とそのとりまきのクズどもの特徴~低レベルな自画自賛をする

  
  
そもそも自画自賛って、「ダメな奴が、誰も褒めてくれんもんで、ダメな自分に自慰的に、自分を保つために”俺って天才!俺ってすげー”ってやるやつ」です。

安倍とかいう奴とそのとりまきのクズどもは、株価が上がった、有効求人倍率が良くなったって自画自賛するけど、そんないつでも落っこちるような数字は、「他人がおまえらを慰めるために使う数字であってお前らが自慢できるような数字じゃない」ということに気が付いていません。

本当の成果として認められる数値は、例えば・・・・、

・せめて全国のサラリーマン年収の「中央値」が430万以上になった(一昨年が380万くらいだそうです)
・赤字国債総額が900兆以下に減った
・消費増税無しに

・・・ということじゃないですか?

じゃなきゃ、国内の個人消費なんて増えるわけないし、デフレ脱却なんて夢のまた夢。

実際、デフレ脱却なんてしてないじゃん。
気配もないし。
来年消費増税したら、もうぜったいにデフレ脱却なんてありえんよね。

そして実質の給料減。

そもそも「デフレ脱却」なんて、ほんとうに政治課題にすべきことですかね?
もう「いまがフツー」でいいんじゃないの?

国民が病気にならないように、コンビ二とかの毒飯を食わないように教育をして、医療費へらして、実質の可処分所得を上げる・ついでに次世代の負担も少しでも減らす、とかのほうがよくない?

全国のタクシーの運転手さんも、ほとんどの地方・地域が景気が良くない、変わってない、って言ってるそうですよ?

安倍とかいう奴とそのどりまきのクズどもは、せめて全国のサラリーマン年収の「中央値」が430万以上になってから自画自賛されてはいかが?

今の自画自賛は逆に「哀れ」だわ。
聞いてて哀しいし、低能過ぎて恥ずかしい。

普通の会社なら、売上げと利益が上がってなかったら、仮に、そんな株価とか(or 有効求人倍率とかに類似するような)不安定な数字が上がったところで、だれも褒めてくれないよ?

政府は、「給料を上げられるほど企業の売上げが上がってないのに」、オマケの数字が上がって自画自賛。
もういっかいリーマンショックが来ても余裕なくらい、企業の体力がつかないと絶対に給料は上がらないと思います。企業が給料上げないのは、リーマンショッククラスのアクシデントがもし来たら、それこそ社員がヤバくなるから。
給料安易にあげてたら、もし社員が無駄に使いこんじゃったら今度こそ助けてあげられない。
内部留保は、リーマンショッククラスのアクシデントがまた来た時に絶対に必要です。
だから内部留保の課税も絶対にダメ!!!
だって、政府も銀行も、昔からよく言うけど、雨の時に傘を貸さず、晴れのときに傘もってくる(つまり経済の失速ではぜったいに助けてはくれず、逆においはぎをしてくる)のは一緒だから。
昔、貸し渋りや貸しはがしにあったからよく覚えてる。

実務的にマジで給料上げれるレベルは、今の1.5倍くらい企業の売り上げが上がらないと無理。

だからそれ最初からわかってるから、『 残業しないで早く帰って(副業しろよ。死ぬまで働け。んで貯金なんかせんでバカバカお金使え!!)』、というのが「働き方改革の実態・本質」でしょ?

自分らで勝手にハードル下げて自画自賛して情けないと思わんの?