★◆★★◆◇★◎★▽★ 安倍という男はどこまで行ってもクソ議員。 『 身を引くなら今しかない 』、じゃなくて、多分、『次の選挙俺じゃ勝てねーし』それに『 ★ 逃げるなら!!』「今しかない!!」「断然!!今!!」って、「ぼくって病弱でかわいそうでしょ?」という「茶番騙し」で演出して逃げただけ。2度目の「政権放り投げ」も隠すために。★◆★★◆◇★◎★▽★◆★
  
  
※まだ書きかけです。すみません。
※間違ってたらすみません。
※メモ書きなので、自分でも意味不明な箇所も多いです。ごめんなさい。
  
  
※参考Webページ
2020/09/09追記。2つめのWebページ以外は、全部本記事を書いたあとにみつけたものですが、「まさに、そのとおおり!」と思いました。どの方も的確に、安倍という男を評価しています。

加藤節(たかし)さまのお言葉
安倍首相の成蹊大学時代の“恩師”が苦言 「首相としてもう少し知的になってほしかった」

もうひとりの恩師、宇野重昭さまのお言葉
私の国際政治学(の授業)をちゃんと聞いていたのかな、と疑っているところです。
(プレジデントオンラインの無料会員登録をしないと読めませんが、無料登録くらいならお安い御用なので、全国民が絶対に読むべき記事だと思います。)

その他
ウソがはびこる政権を、誰が支持するのか

学生時代から変わらない安倍首相の頭の中
※なるほど!「やってる感」と結びつく!と思いました。

==================

以下、本文です。

  
  

「やめた」んじゃなくて
「うまく演出」して「逃げた」だけ
  

これまで重ねてきたウソや、コロナでの無能ぶりを追及されるのいやだから。

140日以上連続、とか、持病、とか、「がんばってる」を誇張して、
「政権を」「また」「なげだした」くせに、それを突っ込まれると困るから、
「コロナ対応が無能すぎて・次の選挙、俺じゃ勝てねーから」ってんで、

「やめた」

んじゃなくて

「うまく」
「病気なんです~」
「かわいそうでしょ?」
「がんばってるでしょ?」
「ぼくちゃん、、、」
って
「演出」して,

「逃げた」

だけ。
  

身を引くなら今しかない、
じゃなくて、

★「逃げるなら!!」

「今しかない!!」

「断然!!今!!」

って、

逃げただけ。
  

140日以上連続で仕事だなんてウソなんじゃないでしょうか?
これまでなんどもウソを重ねて、国会資料までも改ざんしてきた連中ですよ?
本当の事なんて言うわけないです。

誰か実際に140日以上、彼の生活を監視・見たのでしょうか?
コロナ禍・第一波のとき、Youtubeで星野さんの唄で自宅で優雅にくつろいでたじゃないですか。
あんとき、撮影と称してじつは1日くらいちょっと休んでたとか?本当にないんでしょうか?

繰り返します。

これまでなんどもウソを重ねて、国会資料までも改ざんしてきた連中ですよ?
本当の事なんて言うわけないです。

あんな

「正々堂々とせず」

「逃げ切るように」

「一方的なやり方で」

「そもそも、有事・国難なのに、国会を閉じて」

「病院の赤字補填すらせず、すべての医療従事者を見殺しにして」

「一人たったの10万で」

「国民見殺しで」

「政治の空白だらけ」

「だったくせに」

「今さら」

「空白がいけないなどと」

「今さらいけしゃあしゃあと適当な理由をこじつけて」

「あんな破廉恥な方法で」

「総裁を決める」

「やつら」

ですよ?

  

ウラ取もせず、まんまと誤魔化された程度の低いマスコミ。茶番。
(橋下徹さんとかも。ほんとう、残念です。がっかりしちゃった。)

何を突然かばいだてをしているのでしょうか?

「死んだ人をいじめちゃかわいそう」、みたいな感じでとたんにかばいだして。

あいつはまだ「生きてます。」

安倍や菅や、あいつら腹抱えて笑ってベロ出してると思いますよ。

「実際に会うとやさしい!」???
バカなんでしょうか?
あたりまえでしょ?
そんなことは。
誰だって。
猫かぶってるに決まっています。
僕だってかぶります。
「ヤクザ」だって(逆に・ヤクザほど)笑顔で近づいてくるでしょ?
政治家なんてウラでなにしてるかわかったもんじゃないです。
ヤクザの近づき方と変わりません。
  

デヴィ夫人や御厨貴先生、青木理さんのご意見がまっとうなご意見だと思います。
(デヴィ夫人にいつも賛成なわけではありませんが)

デヴィ夫人はTVで「政治家たるもの、しかも、総理たるもの、投げ出さずにもっとやって」みたいなことをおっしゃって、もっと言うと、「総理たるもの、どうせなら政治の中で死ね」と言わんばかりの厳しい論調。
(実際にはそこまでは言ってませんが、せめて本当にぶっ倒れるまでやって、くらいの感じでした。)

僕もそれが正しいと思う。

総理たるもの。

最低限、一回くらい、テレビの前でぶっ倒れて意識が無くなってからなら、おやめになってもいいと思います。

「本当に」
「やる気があって」
「飲食店や」
「多くの企業」
「多くの労働者」

「少しでも」
「助ける」
「気持ちが」
「あるなら」、
「そもそも」、
「そういう気概」
「周囲の反対を押し切ってでも」
「そこまでやる気概」

「あるはず」
です。
  

御厨貴先生は以下のように。
『 何も学んでいなかった安倍政権 「やっている感」が通用しなくなった理由 』
https://dot.asahi.com/wa/2020090200011.html?page=1
  

青木理さんもサンデーモーニングで正しい現状分析をおっしゃってくれました。

『 青木理氏 安倍政権は「罪があまりに大きかった」忖度蔓延、公文書改ざん… 』
https://hochi.news/articles/20200830-OHT1T50047.html

『 青木理氏、7年8か月の第2次安倍政権を「戦後の矜持が破壊されてしまった。取り戻せないぐらいの負の遺産がある」 』
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/08/30/0013650153.shtml

『 政治が家業、危機が暴いた「三代目」の虚勢 』
https://www.asahi.com/articles/ASN8Z65T6N8XUPQJ00S.html

https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGHP_jaJP817JP818&q=%e9%9d%92%e6%9c%a8%e7%90%86#spf=1598841059161

  

自民や雇用をぶっ壊した小泉

ご飯論法での小学生にも見え見えのはぐらかし
森友、加計、桜、改ざん、やってる感だけで成果なし、
ウソ、詭弁、
年金と「政治そのもの」をぶっ壊した安倍

それに「加担」した「公明」。
何の良策もうちださない。
安倍らの「政治のぶっ壊し」を、見て見ぬフリ的な雰囲気。

それを隠すための今回の辞任劇。

ぺらっぺらすぎる・・・・。

サランラップよりもぺらっぺら・・・・。

国家議員ともあろうものが・・・・
  

菅(すが)なんてただの事務屋でしょう?

あんなのに首相が務まるわけないです。

あんなのがやるくらいなら、野田聖子さんのほうが良くないですか?
  

ただ、あんな奴らに、憲法をいじられなくてよかったとは思います。
どうせ変えるなら、もっとまともな人の下で幅広く議論してほしいです。
(ただ、菅やその他の、安倍の腐ったお仲間たちが、今後、憲法の事を言ってくる可能性もあるので注意が必要です。変えてもいいけど、安倍の仲間にはいじられたくないです。)

TVで平井さんは、「今この瞬間に敵が攻めてきたらどうします?首相が居ない時間を作りたくないんです。」と言っていたけど、今の情勢でそんなこと「できるわけない」し、安倍は病院に居るわけでもない。
あいつは一応は機能している。
菅に変わるまで、一応、機能する。
平井さん大丈夫?
逆にもし、敵がいるとすれば、その仮想敵は、「やったぁ~!外交経験のないただの事務員の無能な菅(すが)になった!チャンス!これから日本をどうとでもできる!いま無理に攻める必要なんてまるでない!ド正面から尖閣ぶんどってやるわ!」とほくそえんでいるのではないでしょうか?

副総理にしっかりした人を置かないといけないことが明白になりました。

以下、消えてしまうといけないので引用

==========

 「安保法制なんかは、戦後の日本の政権がずっと辛うじて守ってきた憲法解釈を閣議決定でひっくり返す。あるいは一方で憲法が定めるその民主手続きみたいなものは非常に軽視。国会も非常に軽視してきたというところもありますし」

 「人事権も、これまで一応やっちゃいけないと言われてきたような人事もほう発に行使して、結果として官僚に忖度(そんたく)がまん延して。ありとあらゆる疑惑とか不祥事ってものを、こう言ったらちょっと失礼ですけどウソ、詭弁(きべん)、みたいなものでごまかして、結果的に公文書の改ざんまで引き起こしちゃったっていうこと」

 「ヘイトスピーチだったりとか、排外主義みたいなものを、これは政権だけのせいじゃないと思うんですけれども、明らかにあおったっていう意味でも問題だし」

 「対米、外交にしても、アメリカに対しても、もちろんアメリカは大切なんだけれども、ある種、こびへつらい、武器を爆買いをして、対米外交ってものをゆがめたところもあるし。日露日朝も、日朝ってのは1丁目1番地だったはずなんだけれども、結局8年もあって、ほぼ何も前進しなかった」

 「ある種のネポティズムっていう、縁故主義っていう、仲間は大事にするけど敵はもう絶対許さん!みたいなところも、分断っていうのもありましたし」

「っていう政権が、ある種、憲法に緊急事態条項が必要だと言っていたわけですよね。それだったら緊急事態、危機管理ってのは強いのかなと思ってたら、コロナっていう本当の危機の時に後手後手で、ピント外れで、最終的に体調を壊されちゃったっていう辺りが、政権の何か全体を象徴してたのかなという感じを僕はしてますけどね」