★★★● 安倍とか甘利とかのバカどもの最大の罪は、『 杉田水脈みたいなバカを大量生産すること 』『知らぬ存ぜぬを押し通せば、亡くなった方のこともぜんぶ無かったことにできると考えるバカを量産すること』です。そういうバカを産み出す「生産性」はピカ一の今の自民党。石破さんが国家ビジョンを示してないというけれど、「正直に」「日本を取り戻す前に良心を取り戻せ」は「”ニセ悪臭うんち政治家”を減らすことに貢献する」立派な国家ビジョンだ。どれだけ美辞麗句並べてワンフレーズポリティカル作戦をやっても「実行者が良心のないクズ」じゃあ国は滅びます。

  
  

腐った有権者の特徴・・・

家族や社員に対して「1回でも威張る」「”俺に言わせれば”が口癖・1回でも言う」「反省しない」「誰が食わせてやってる」「ロジカルでない」~「文芸春秋96巻第10号:昭和の軍人に見る”日本型悪人”の研究」に出てくるような人たち。

こんな人たちが選挙で選ぶ政治家はたいていは腐ってる。

なんて偉そうに言ってる自分もそう・・・

直さないと、減らさないと、といつも思っています。

でも、70歳以上で、こういう旧日本軍型の人間、旧日本軍型の女性蔑視の人間、旧日本軍型の弱い者いじめの人間、がまだまだ本当に多いと思います。

そいつらに育てられた、僕らの世代も、まだまだ結構多いです。

自戒をして、直さないと、次の世代はもうほんとうにそんな時代じゃないし、できるだけ永い繁栄を得るには謙虚に・真摯になるしかないです。

そう思ってたら、腐った軍人の意思を引き継いだ発言が、甘利とかいうバカと、安倍とかいうバカから聞こえてきているようです。

首相選対・甘利明氏「うじうじ言っていたら価値が下がる」 石破派・斎藤健農水相への“圧力”発言めぐり

安倍晋三首相「角福戦争のころは、こんなものじゃない」 斎藤健農水相への“辞表要求”は「脅しではない」

国民を指さして「こんな人たちに負けるわけにわいかない!」と口から発した「総理大臣とやら」は、この安倍のバカが初めてではないでしょうか?こんなクズが総理とは、情けなくて本当に涙が出そうです。

そしてそのときまきの甘利とかいうバカも「時代遅れ」なことを言っています。

このようなバカ2人の発言のような、『 旧日本軍の「ニセモノの勇ましさ」』っていうのは、なかなか消えないもんなんだなあ・・・、と本当に国民として恥ずかしい思いをさせられます。

と、同時に、僕たち、普通のお父さんたちが頑張ってなくさなきゃ、とも思います。

甘利のバカも、安倍のバカも、昔はこうだった、とか言ったり「うじうじ言って話にするのも恥ずかしい」とか言っていますが、「恥ずかしい」のはお前らのその発言と態度じゃ!といいたいです。

国会議員たるもの、「もっと乱暴で粗雑で激しい言葉のやりとりばかりだ!何甘っちょろいこと言っとるんだ!」ということを国民に感じさせてはいけません。

それに、スポーツ界で「パワハラ・言葉の暴力」が問題になっていることを知らないのか?

「もうそういう時代じゃないんだよ。」

ということがまるでわかってない。

上に立つなら、「ごめんね、バカがいて・・・。そのかわり僕が政策論戦に受けて立つからやろう!いつでもかかってきなさい!カモン!!!議論では遠慮なく叩き潰させていただきますよお~?!」という王者な態度でなければなりません。

それを甘利のバカみたに「うじうじ言ってるな」だなんてほんと、小粒すぎてあきれるといか、日本大丈夫か?と本当に不安。

日本からパワハラとセクハラが減らないわけだ。
政治家と官僚自身がパワハラとセクハラをやってて容認してんだから。

「情熱」と「乱暴なだけ」をはき違えています。

「乱暴な言葉、罵倒、集団いじめ、威圧的な態度」で相手を納得させようとする行為の裏には、「自分はほかの手段を何も持ち得ていない本物のバカです。本当は小心者なんだけどうそぶいて偽って大きく見せるしか能がないのです。ほかにどうすればいいんですか?ぼくちゃんは・・・あああ、わからない・・・ああ、周囲が怖い、地位とか権力が無くなったらぼくちゃんなんか誰からも尊敬されないとりえも無いただの ”ニセ悪臭うんち政治家” だもの・・・ガクガク・ブルブル・・・・」ということを「潜在意識に持っていて、潜在意識だからこそ、自分で気づけない」ということがあると思います。

早い話が、「自分は威圧するしか能がない、他に何の手段も方策も考え付かない腐ったバカです」ということを自白していることと同じです。

「40歳過ぎたら、僕らも、できれば次世代に尊敬されるような人間になる努力を始めなければ」とか、
「国会議員たるもの、人格者でなければならない。正々堂々、はぐらかさずに受けて立つ昔の横綱相撲でなければならない」
ということだと思うんです。

今は権力をかさにきて、旧日本軍の腐った軍人と同じこと(本物の政治家を外へ追いやり、クズ議員をはべらしてる)をしています。

「乱暴で、腐った言葉で相手を威圧、罵倒」

「いままではそうだったかもしれないけど、今後は、変えていかなきゃならん」という、そういう「時代」になった・変わった、ということがまったくわかっていません。

だから、杉田水脈みたいな、バカが次々と生まれる。

なおりゃせんよ。

あの女の腐った根性とバカ加減は。どんだけ勉強しても。

「言霊」の意味をまったくわかってないもの。

あんな品格のない・程度の低い人間は、ほんとうに国会議員、はやくやめてほしい。
なんで国会議員ってバカでも立候補できちゃうんですかね?

おかしいわ。選挙制度。

小選挙区・中選挙区以前の問題だわ。

ああいう人間は選挙で落とさないと。

安倍とか甘利とかのバカどもの最大の罪は、ああいう、『 杉田水脈みたいなバカを大量生産すること 』です。

『 経済やったふりさえしとけば、国民の8割の給料が上がらなくても、税金取りまくっても、お友達や詐欺師に融通しても、財務省に死者が出ても、LGBTをバカにしても、国民の公文書財産を改ざんしても、ウソのデータを法案づくりの資料に使っても、知らぬ存ぜぬで通せばいいだよん!』ってたかをくくるようなバカどもを大量生産してしまうことです。

そういう「生産性」はピカ一なのが、今の自民党です。

議員のくせに、言葉・言霊の重みをなぜわかろうとしないのか、考えようとしないのか・・・

恥ずかしいったりゃありゃしない・・・。