★ Access2000VBA・Excel2000VBA独学~ミリ秒を待つ方法など、「待つ」、方法

  

★ ミリ秒待つ:Application.Waitの場合

0.5秒
Application.Wait [Now() + "0:00:00.5"]

1秒
Application.Wait [Now() + "0:00:01"]

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13232462458

※秒数を変数化したらうまく動かなかったのでSleep関数のほうがいいみたい。

  
★ ミリ秒待つ:Sleep関数の場合
呼び出し側スレッドを一定時間だけ中断します。

'API:Sleep関数
'Excel2000でも動く。Win32APIなので、64bit版のExcelでは動かない。
Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal ms As Long)

sleep(ミリ秒数)

中断する時間をミリ秒単位で指定します。INFINITE を指定すると中断時間が無限になります。
環境情報

インクルード ファイル: api_system.sbp 内で定義済み
DLLファイル: kernel32.dll

※DoEventsも一緒に使うといいかも。