★★★ Access2000VBA・Excel2000VBA独学~初心者の方や独学者の方へ:パソコンで小数計算をするということの重要性~関連して「変数の型は覚えなくていい」とか「変数は全部Variant型でいい」 、という最低で腐った教え方には、絶対に騙されないようにしてください。ベストセラーの「教科書」を名乗る本も真似していてとっても危険・かつ・迷惑です。~
  
※まだ書きかけです。すみません。
※間違ってたらすみません。
※メモ書きなので、自分でも意味不明な箇所も多いです。ごめんなさい。
  
  
※参考記事
★★★Access2000VBA・Excel2000VBA独学~上達を早める一番最初の条件:バカ講師たちを信用しない。バカ市販書籍やWeb記事に騙されない。コンピュータやExcelを信用しすぎない。~小数計算での挙動の調査とイミディエイトウィンドウ、ローカルウィンドウ、ウォッチ式ウィンドウの使い方を勉強しておく~
  
  
コンピュータは、基本(もともと)、「少数」が苦手みたいで、「小数点第1位の数値が混ざった計算」といった「簡単そうに見える計算」であっても、場合によっては「平気で」「あたりまえのように」、計算間違いを起こします。

それくらい「バカで信用できない」機械です。パソコンは。

でも困ったことに、それが「正常」な状態なのです。

そして、Excelでは、その計算ミスを、自動的に正したり・正さなかったりするみたいです。(それがまためんどくさいです。)
参考URL
『 Excel で実数を扱うときの注意  セルの謎 』
(全バージョンで。ただし、当方では未確認です。2010と2000には当てはまることが確認できました。)
『 Excel VBA プログラミング 「自動型変換」に関する落とし穴 』
(全バージョンで。ただし、当方では未確認です。2010と2000には当てはまることが確認できました。)
『 Excel VBA プログラミング 実数を扱うときの落とし穴 』
(2010では起こらず、2000では起こることが確認できました。おそらく2003か2007までは起こり、2007か2010以降は起こらないのではないかと推測しています。)

まず、「Excelは自動的に正したりする」というのは、主に「セル」で行われるようです。(バージョンによっても挙動が違うようです。あ~めんどくさい。上記URLを参照してください。)

でも、一方、「正されなかったりする」のは、「VBAプログラム内」や「ユーザーフォームのテキストボックス」で起こることが少なくありません。

ということは、これは、「セルの挙動に騙されて、VBA側ではバグを生む(そしてそれはバージョンによって異なる)」という可能性を示唆しています。

上記URLのWebページにも・・・

『このように、Excel でセルが絡んだ実数計算をする場合、
ミステリアスな現象が起こるので、
実数を扱う場合には、他の言語とは異なる注意が必要です。』

・・・「他の言語とは異なる注意が必要」と書いてあります。

実際、このURLの内容を、ひとつひとつ、ゆっくりと実行していくと、驚くべきことが体験できます。

ですので、私たちユーザーは、「コンピュータで小数計算をするとき、特にExcelのセルを使って小数計算をするとき」は、Excelのバージョンの違いによって(小数点第1位での)集計結果や演算結果が異なるシーン・ケースがある「かもしれない!」、ということを常に念頭に置いておかねばなりません。

でないと、思いもよらぬバグを生み、それが、プログラムを書いた「あなたの重大な責任」になって、最悪「降格」や「減給」もありえるので、この記事のことは『VBAで計算・集計する場合の前提』として必ず覚えておいてください。

「大袈裟」「心配しすぎ」と思うかもしれませんが、ありえない話ではありませんので、どうか一度はお目をお通しください。

これはExcelだけでなく、AccessでもWordでも全部同じです。

ちなみにですが、ExcelのユーザーフォームやAccessフォームのテキストボックス(ともに非連結状態)に入力された数値は、Variant型の変数に代入すると「文字列型」として扱われます。また、少数もSingle型で処理すると、計算ミスを起こします。

よって、「少数計算」でバグが出たら、ユーザーフォームやAccessフォームのせい、Excelの「セルの騙し」のせい、パソコンのせい、誤ったデータ型を指定したせい、の場合もあるのでそこから見直します。

※もちろん、人間も勘違いや忘却をするわけですから、「バカ」です。
でも、コンピュータも「同じくらいバカ」だということです。
「完全に何かを記憶・計算できるわけじゃない」ということを必ず、忘れないでください。
「コンピュータは間違えない」という「思い込み・決めつけ」を捨ててください。
マイクロソフト社が「仕様の変更」と称してバグまがいの動きをさせることもありますし。(特に以前できたことをできなくする・できなかったことをできるようにする、などの意味で。)
その意味で、「コンピュータは間違える」、のです。
そして「それが正常」なのです。
それを忘れないでください。

言われてみれば、たとえば「1÷3」なんて「0.3333333333・・・・」と永遠に続いてしまうわけですので、それはどうしようもないですよね。
コンピュータは人間と同様、そういう計算にも弱いし、また、「1900×0.7」のような簡単な小数計算でも、プログラムの書き方を間違うと「「1329.99997735023 」という驚くべき答えをはじき返してきます。
なので、Variant型の変数にしても似たような不具合(?不都合?)があり、そういうところをしっかりと事前に学んでおく必要があります。(Variant型を使うとセル利用の場合は少数の計算間違いは減りますが、ユーザーフォーム利用の場合は別の新たな不具合が出ますので、その意味でも、「Variant型の変数の挙動」も学んでおく必要があります。
  
  
-----------
  
  

以降では、そのような小数点の計算のお話とかをさせて頂こうかと思います。

あわせて、「変数なんか全部Variant型でいい・型の指定なんかいらない・変数の型指定でハードルが上がるならそんな型の指定などまったく必要ない」というようなことを言っている、バカで迷惑極まりない講師の方がたにも、少し、クギを刺せたらなあ、と思います。

僕らのような「初心者、習う側」、からすると「ウソ教えやがって」と、迷惑でしかありません。

では、まずは以下のコードをExcelでもWordでもAccesssでもなんでもいいので、標準モジュールにコピペして、ローカルウィンドウも表示してから、実行してみてください。
途中、「Stop」のところで止まるので、ローカルウィンドウにて、配列「x」の各要素の値を、「+」マークを押して展開して確認し、確認できたら「F5」キーを押して、さらに進めてください。(F8キーを押してのステップ実行でもOKです。)

このプログラムは、ループ処理(繰り返し処理)にて、『「0.1」ずつを、10回足す 』、というだけのプログラムです。

結果はこうなります。

1回目のループの合計値・答え:0.1
2回目のループの合計値・答え:0.2
3回目のループの合計値・答え:0.3
4回目のループの合計値・答え:0.4
5回目のループの合計値・答え:0.5
6回目のループの合計値・答え:0.6
7回目のループの合計値・答え:0.7
8回目のループの合計値・答え:0.8000001
9回目のループの合計値・答え:0.9000001
10回目のループの合計値・答え:1

おかしいですよね。

ローカルウィンドウで確認した、配列「x」のすべての要素の値は、すべて、ちゃんと「0.1」だったと思います。(下図)

なら、どのループの合計値も「小数点第1位」で終わらないといけません。
 8回目のループの合計値・答え:0.8
 9回目のループの合計値・答え:0.9
と、表示されなければおかしいです。

なのに、合計値が、「0.8000001」とか「0.9000001」って何?
そんでもって、なんで、10回目で「1」「ちょうど」になっちゃってんの?

そう思いませんか?

そのほか、「Stop」してからあとを、「F8キー」の繰り返しの押下にてステップ実行し、8回目のループが終わった直後のところで(つまり、「0.8000001」と表示された段階で)また一時停止させて、イミディエイトウィンドウにて以下のように書いてEnterすると・・・、

? y = 0.8

答えは「False」(偽=ちがうよ! 変数 y の値は 0.8 じゃないよ!)と表示されます。

これ、ほんと、おかしいですよね?

でも、これはコンピュータやVBAとしてはこの動きは「正常」なんです。

計算ミスが「正常」って、怖くありませんか?

もし、このような計算ミスの「結果」を、「何らかの条件分岐の ” 基準値 ” 」として使ってしまったらどうなるでしょう?

例えばTure/Falseなどで条件分岐の判断をしていたら、正反対の動きになってしまいますよね?

でも、それが「正常」で、「狂って当然・それが正しい」のが「コンピュータ・パソコン・Excel・Word・Access」なんです。

もう一度おたずねします。

計算ミスが「正常」って、怖くありませんか?

もちろん、これを防ぐ手立ては一応はあります。

でも、「コンピュータは小数第1位の計算すらまともにできないバカ」だってことももちろんですが、それよりも、もっと怖いのは、「このことを、「最初に」「注意事項として」「コンピュータでの集計・計算の ” 前提 ”として」、「ExcelVBAの講師からは」、「ひとっ言も」「教えてもらえない・説明がない」・・・、んです。
そのことのほうが「一番怖い」・・・と、そう思いませんか?
「だからいつ何時も、少数計算するときはちょっと注意してね」とか、「変数はなるべくちゃんと型を明確に宣言してね」などと「ひとっ言も」「教えてもらえない」んです・・・。

怖くありませんか?

また、コンピュータが「そんなにバカなら」、
講師たちから「まだ教えてもらってない・隠してる」「自分が気づいていない」コンピュータの不具合は、「これだけじゃ収まらないのでは?」とか、
コンピュータに対しては、
・「信用できない!(特に小数計算)」
・「仕様変更するんじゃないだろうな?(特にセル。マイクロソフト社。)」
・「大袈裟だとしても、できるだけ、明示的に変数の宣言をしたり、ちゃんと考えてプログラミングしないとあとでとんでもないことに巻き込まれるかも? 」
・「これだけ覚えておけばOK!なんてありえない!ぜえったいに騙される!」
「大袈裟かもしれないけど、用心するに越したことはないかも・・・講師の人が責任取ってくれるわけじゃないし(とれるはずもないし)・・・もしなんかあっても、どうせ「自己責任」って言われるだけだし・・・。」
とも思いませんか?
なんとなくでもそう、想像がつきませんか?

ぶっちゃけ「全部Variant型でいい・型の宣言なんて要らない」ってことよりも、「もし現実にあなたがバグを生み、なんらかの責追及任・処分が降りかかっても、「テキトーに教えた講師たち」が責任取ってくれるわけじゃないし(とれるはずもないし)・・・もしなんかあっても、どうせ「自己責任」って言われるだけだし・・・。」ということが一番恐ろしいのです。

以下は、先ほどのプログラムに詳しいコメントが付いたコードです。
記事内容を書き換えるまで、どうぞ、ぜひ、コメントも読んでみてください。
Accessで僕が実際に遭遇した小数計算ミストラブルについても書いてあります。