● Access2000VBA・Excel2000VBA独学~XPやWin2000、あるいはその仮想マシンの中で、Office2000~2003でADOやDAOのヘルプをきちんと表示する方法と、2000系のヘルプと2007系の「”VBE”ヘルプ」の違い・それぞれの良さ。
  
※まだ書きかけです。すみません。
※間違ってたらすみません。
※メモ書きなので、自分でも意味不明な箇所も多いです。ごめんなさい。
目次
 ★ 2000系ヘルプのオブジェクトモデルの階層構造の全体図
 ★ XPやWin2000、あるいはその仮想マシンの中で、Office2000~2003でADOやDAOのヘルプをきちんと表示する方法
 ★ 2000系のヘルプと2007系のヘルプの違い(どちらも優秀。2013以降、ほんとに使いづらい・・・英語しか出てこないときもあるし・・・。マイクロソフト社さんの個人ユーザー切り捨てがいよいよ進んできた感があります。)
※Shift+TABキー、もしくは、Homeキー、Homeキー+TAB数回、を押すと、目次付近に戻れます。
  
  
★ 2000系ヘルプのオブジェクトモデルの階層構造の全体図

すべてのオブジェクトが記載されているわけではないですし、もちろん、2013や2016のオブジェクトも載っていませんが、でも、よく使うところやワークシート、グラフシート、グラフ、図(オートシェイプ)、ピボットテーブル、Microsoft Queryなどはこれで結構な部分まで行けます。

この2000のヘルプの全体図は、ちょっと形が変わりますが、Webにもあります。
MSサイト→こちら /少し見やすく横につなげたもの→こちら /Excel2000の色付きの見やすいものを全部つなげたもの→こちら

  
  
★ XPやWin2000、あるいはその仮想マシンの中で、Office2000~2003でADOやDAOのヘルプをきちんと表示する方法

Office2000のヘルプには、ADOやDAO、Microsoft Jet SQL のヘルプが図つきで入っています。
しかもDAOやADOのヘルプファイルはDAO360.CHMやADO210.CHM単体でもダブルクリックでそのまま開けますので結構便利です。

ただ、それが正常に表示されるのが、残念ながらWin98までです。2000やXPではせっかく入っているのにデフォルトでは正常表示されません。(XPは大丈夫かも・・・?色々調べてたらちょっとわかんなくなっちゃいました。すみません。2000は以降の処理をしないとダメです。もし、XPも正常表示しなかったらやってみてください。)

なので、ここで、ADOやDAOのヘルプが正常表示される方法をご紹介させていただきます。

ここでは仮想マシンのXPや2000にすでにOffice2000が入っていると仮定します。

(01)Office2000CD-ROMをドライブに入れます。

(02)検索ボックスに「Ado210.chm,Dao360.chm,Jetdef40.chm,Jetsql40.chm,Msjro.chm」とコピペします。

(03)検索を開始します。

(04)すべてのファイルが多分ヒットすると思うので、それぞれを以下のようにパソコンにコピペします。

Ado210.chm (CD-ROMの:Pfiles\Common\System\Ado)
→c:\Program Files\Common Files\System\ADO

Msjro.chm (CD-ROMの:PPfiles\Common\System\Ado)
→c:\Program Files\Common Files\System\ADO

Dao360.chm (CD-ROMの:PPfiles\Common\Msshared\Dao)
→c:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\DAO

Jetdef40.chm (CD-ROMの:PPfiles\Msoffice\Office\1041)
→c:\Program Files\Microsoft Office\Office\1041

Jetsql40.chm (CD-ROMの:PPfiles\Msoffice\Office\1041)
→c:\Program Files\Microsoft Office\Office\1041

(05)以下の内容のレジストリファイル(reg拡張子のファイル)を作り、ダブルクリックで実行します。

REGEDIT4
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\HTML Help]
"Ado210.chm"="C:\\Program Files\\Common Files\\System\\ADO\\"
"msjro.chm"="C:\\Program Files\\Common Files\\System\\ADO\\"
"dao360.chm"="C:\\Program Files\\Common Files\\Microsoft Shared\\DAO\\"
"Jetdef40.chm"="C:\\Program Files\\Microsoft Office\\Office\\1041\\"
"Jetsql40.chm"="C:\\Program Files\\Microsoft Office\\Office\\1041\\"

テキストファイルに上記をコピペして、拡張子をregにして保存します。

保存時や実行時にメッセージが出ますが、全部、かまわず「はい」します。

念のため、仮想マシンを再起動します。

以上で完了です。

  
  

★ 2000系のヘルプと2007系のヘルプの違い(どちらも優秀。2013以降、ほんとに使いづらい・・・英語しか出てこないときもあるし・・・。マイクロソフト社さんの個人ユーザー切り捨てがいよいよ進んできた感があります。)

(a)2000系のヘルプと2007系のヘルプの違い

【2000系】
検索語句がヒットしない、しにくい。
直前や少し前の検索語句が残らないので再検索もしにくい。
オブジェクトモデルの階層構造図の全体図があってわかりやすい。(未掲載オブジェクトが少しありますが、それでもわかりやすいです。)
2007系ではなされていない、細かい説明がある。(Chartプロパティなど)
メンバの一覧が無い。→ただし、2018年現在ではWebでそれは見れるので大きな問題ではないかもです。(詳しく列挙体などを調べたいときには少し困る)

オブジェクトブラウザとの連携が、2007系よりもしっかり?しています。オブジェクトブラウザでF1キーを押したときに、ほぼ、ちゃんとそのヘルプページが出てきます。
各オブジェクトのヘルプページに、親とさらに子の階層構造の絵があり、リンクも張ってあるので、上位と下位のオブジェクトに移動しやすいです。そのため、調査がとぎれる場面が2007系よりは少し少なくて、調査がしやすいです。

ADOやDAO、SQL(ExcelやAccessなどOffice全体のSQL)のヘルプも見られます。
また、オブジェクトモデルの階層構造の全体図が載っていて(もちろん各オブジェクトのヘルプページにも)、情報を得やすいです。2007系はADOのヘルプっぽいものは載っていますが、DAOのヘルプが無かったと思います。
ヘルプではないですが、
  
  
【2007系】
検索語句がヒットする、しやすい。
直前や少し前の検索語句が残っているので再検索がしやすい。
「Application.Workbooksプロパティ」や、「Workbook.Worksheetsプロパティ」、「Worksheet.Rangeプロパティ」、といった感じの書きかたがなされていて、「親オブジェクトが何か?」とか、また、「Range」などの場合、「同じ名前でも親オブジェクトが変わると性格も少し変わる、ということ、オブジェクトブラウザからのF1呼び出しが正確なことも「超」大きなメリットです。
オブジェクトモデルの階層構造図の全体図(未掲載オブジェクトが少しありますが)がないので少しわかりづらいときがあります(が、MSサイトに2000のものがあるのでそれでカバーできます)
メンバの一覧があって、どのオブジェクトで何が使えるか、がわかりやすいです。各オブジェクトの機能を理解しやすいです。
オブジェクトブラウザとの連携が少し2000よりもちゃんとしてないです。F1キーの押下で出てこないものが2000系よりも多いです。
でも列挙体(ダイアログのドロップダウンの中の項目とか)の検索がとてもしやすいです。2000はぜんぜんできないに等しいです。

Webでのメンバー一覧の検索方法
「Chart メンバー (Excel)」

列挙体の検索方法
Webで親オブジェクトのメンバの一覧を探して、そこのリンクからとか。
2007以上のヘルプなら単に語句検索でOK。もしくは、「列挙」「列挙体」で検索し、出てきた一覧でCtrl+Fで更に語句検索
  
  
(b)結局どっちがいいの?
今使っているExcelのヘルプが第一です。
でも、それが2000~2003じゃない場合は、2000のヘルプと2007のヘルプを同時に使える状況が一番良いと思います。
2000のヘルプはOffice2000が無いと見れないので、VMWareなどの仮想マシン管理ソフトを使って、WinXPやWin2000の仮想マシンを作成し、その中にOffice2000をインストールすると良いと思います。HDDをSSDにすると、かなり高速に動きます。
2003以前とそれ以降のExcelを「共存インストール」も、もしかしたらできるかもしれませんが、僕の環境では2007以降のほうに悪影響があったのでやめました。それでVMWareを使っています。
VMWareの使い方はこちら

Windows10Proの1511の32bitにVMWareをダウンロード・インストールする方法(1607、1703以降の32bit版も基本的には同じです。)』

※Office2000はPersonalでも大丈夫です。PersonalにもADOやDAOのヘルプが付いています。
ただ、Win98は正常表示されるのですが、XPや2000は正常表示されません。
正常表示するには、以下の方法で表示させてみてください。(ただ、最悪、ヘルプファイル単独でも、ダブルクリックで開いて見ることはできます。)
Access2000VBA・Excel2000VBA独学~XPやWin2000、あるいはその仮想マシンの中で、Office2000~2003でADOやDAOのヘルプをきちんと表示する方法
  
  
(c)2000系で使いやすいのは2000。2003はお勧めしません。

2000、2002、2003、のなかで、ヘルプが使いやすいのは2000です。
2002はどうだったか忘れてしまいましたが、たぶん、2000と同じだったような・・・。
また調べて追記します。
2003は使いづらいので僕は使いたくありません。
(でももし手元に2003があるなら、仮想マシンンに入れてヘルプを見る価値はもちろんあります!)

※後日判明
2002も2000と同様、使いやすいです。
もし手元に2002(OfficeXP)があったら、一度仮想マシンにインストールしてVBEのヘルプを見てみてください。

★ 2013、2016のヘルプのオフライン版(ファイル形式になっててダブルクリックで開けるやつの英語版)

英語版なのでなんともいえませんが、英語がわからなくても、構文くらいの確認はできますので、
でもオブジェクトブラウザと連携ができないので、ちょっと不便です。
UWSCなどを使って、連携させるとよいと思います。