● 真の「あたし・ぼくExcelができるよ」の定義

定義
Microsoft Query(あるいはSQL+QueryTable+ADOやDAO+そのためだけのVBA) やピボットテーブルが自由に使えて、自分で勝手に基幹システムからデータを引っ張り出して、いろんな角度からの集計やリストアップが短時間のうちにできる。
※ 注・・・Microsoft Query は、Excel2000以降ならどれでも使える・かつ・「SQL Serverの ” ビュー ” 」や「Accessの " クエリ " 」と同系統の機能です。GUIにてドラッグやクリックでSQL文の作成・操作ができます。

少なくとも、目的のために必要な集計をするにはどういう列(項目やデータ)が必要かがわかり、「期間別・地域別・担当者別・月度別・検索ワード別 等々の 〇×別△□別集計やリストアップ」といったビジネス定型集計やリストアップを、誰かに聞かなくても(=誰かの大切な時間を奪うことなく自分だけで)、VBAプログラムは一切使わずにできる。

それが、真の「あたし・ぼくExcelができるよ」ということだと思います。
(このあとで初めて、「プログラミングやワークシート関数の多段的利用ができれば尚いい」、ということになろうかと思います。)

だってExcelって「集計するためのソフト」ですから。

「きれいな作表」の前に、「集計するソフト」ですから。

言葉が悪くて申し訳ありませんが、あえて暴言をしてしまいますと、日常的な業務の中で、きれいな作表や印刷はある意味どうでもいいのです。(ご自分の大切なプレゼン等以外は。)

ちょっとくらい印刷や罫線がおかしくったって誰も死にはしません。(ご自分の大切なプレゼン等以外は。)

Excelで地図なんて書けなくてもなんの問題もありません。
Excel方眼紙なんか使えなくてもなんの問題もありません。
Excelで文章なんて書けなくてもなんの問題もありません。

まずそれよりも先に、「意思決定のための数字や接客記録等々を、自分の思いのままに出す」、ことが大切で、それが「真のExcelの目的」です。

あるいは、当サイトの範疇を超えてしまいますが、いろんな角度からのシュミレーションをしたり、統計の何かに利用する、などのことが目的です。

そして特に、当サイトの守備範囲の「ビジネス定型集計とリストアップ」に限ってだけ言えば、プログラミングや複雑な関数の処理ができることは目的ではありません。それらは「手段のひとつ」なだけですので・・・

「プログラミングや複雑な関数を使用せずとも、自分が知りたい数字や情報・記録を即座に調べられる力がある」、「そのやり方を知っている」ということのほうが、お仕事の「基礎力」としては重要です。

パソコンの中の数字やデータというものは、商圏の状況も顧客心理も入力されておらず、仮に入力されていたとしても数値とは掛け合わせられないので、「実際に役に立ってからでないと本当に役に立つのかどうかわからない」ですし、また、「事実ではあるが真実である保証は何もない」というかなり微妙なものです。

ですので、例えば「集計」の場合、そんな、何になるともわからないものを誰かの時間を奪ってまで誰かにやらせるというのは、ある意味大変申し訳ないことです、

なので、できるだけ自分一人でいろんな数字を出すことを頑張る・・・ということは、マナーといいますか、やっぱり必要かと良いと思います。

また誰かに集計代行を依頼されたときに、全員でいつでもそれがカバーできる状態になっておくこともマナーのひとつといいますか、あたりまえになっていることが理想かと思います。

そんなとき、いちいちVBAプログラミングを駆使しないとそれが実現できない、というのは問題です。

お一人お一人がそういう意識でExcelを扱えば、仮説と検証の風土化やPDCAサイクル回し、「問題の数値化」などにも役に立つかもしれません。

集計やリストアップのコストダウンには必ず貢献できると思います。

また、無駄なシステム発注や機能追加も減るでしょうし、システム業者さんとも話がしやすくなると思います。