2021年7月、マイクロソフト電話サポートの作法の変更により、向こうの電話サポート担当者(オペレータ)からこちらに電話をかけさせる方法
  
※まだ書きかけです。すみません。
※間違ってたらすみません。
※メモ書きなので、自分でも意味不明な箇所も多いです。ごめんなさい。
  

マイクロソフトのこれまでの電話サポートの番号の「0120-54-2244」に電話をかけても、自動音声がしゃべるだけでオペレータと話せなくなりました。

「0120-00-8449」にかけてもダメでした。堂々巡りになります。
(相変わらずあいつらは客をバカにしている)

aka.ms/smca」にアクセスしろとしゃべるので、アクセスしてみましたところ、画面が「ここに問題を説明して下さい」と出てるだけで意味不明だったのであきらめましたが、逆に「ここに問題を説明して下さい」に「a」と入力したら次へ進めましたので、そのメモです。
(最初、電話では「aka.ms/snca」と聞こえるのですが、「aka.ms/smca」のようです。nとmの違い。)
  

以下のような手順で、オペレータから電話をしてもらうことができました。(というのだろうか?あれが???よくわかりません。)

aka.ms/smca」に再度アクセス
→「お問い合わせ」ボタン?(青いところ)を押す
→「ここに問題を説明して下さい」に「a」と入力して「ヘルプの表示」ボタンを押す
→「サポートを受ける」をクリック(自動的に「サインイン」ボタンが出ない時だけ)
→「サポートにお問い合わせになるには、サインインしてください」というボタンを押す
→「サインイン」を求めるミニ画面が出るのでマイクロソフトアカウントにサインイン
 (すでにブラウザでマイクロソフトアカウントにサインインしている場合は、
  この手順は不要になるか、押すだけでようです)
 ※もし、サインインのミニ画面が開いても途中で消えてしまうようなら、
  あらかじめそのブラウザで、サインインをしておいてから、
  再度、「aka.ms/smca」に再度アクセスします。

サインインすると「製品とサービス」というドロップダウンメニューが出る
→「Microsoft365とOffice」を選ぶ(今回自分はOfficeが起動しなくなったので)
→「カテゴリ」で「テクニカルサポート」を選ぶ
→「確認」ボタンを押す。

「確認」ボタンを押すと、
「チャットサポート」「チャット」(※2021/08/11現在、文言が変わってました)
「電話サポート」「コールバック希望」
と出るので、「カスタマー サービスの電話番号」
「電話サポート」「コールバック希望」を押す
(※なお、「電話サポート」は、向こうの営業時間内でないと表示されません。
  夜や朝は表示されません。
  「チャットサポート」も、かも。未確認です。)
→「japan+81」を選んで、自分の電話番号を入力して、「確認」ボタン。

「ご利用いただきありがとうございます。すぐにお電話いたします。」と出るので、待つ。
→すぐにかかってはくるものの、多分、待たされるのはこれまでの電話サポートと同じ。
 0120-54-2244 にかけたのと同じ流れが始まるだけ。
 ただ、今回はそれほど待たされなかった。
 毎回こうだといいのだけれど・・・
 なお、マイクロソフトアカウントにサインインしてから
 電話をかけてもらってるので オペレータ側も、
 こちらのマイクロソフトアカウントのブラウザ画面?を
 共有できているらしいです。