2022年11月時点:マイナンバーカードのマイナポイント「合計20,000円分」を、TOICAに受け取る大まかな流れ~「第1弾・第2弾まとめて」の場合。(保険証や銀行口座など、3つの申請処理自体は完了済みの前提です)
  

TOICAはチャージできる上限が20,000円と決まっているため、受け取り方が少し面倒みたいです。

まだ受け取っていませんが、???だらけだったので、電話サポートに聞きました。

とってもやさしく教えてくれる女性のサポートの方でした。

作業のポイントは、
第1弾のカードを作って5000ポイント・・・(A)
第2弾の保険証と紐付け7500ポイント・・・(B)
第2弾の銀行口座と紐付け7500ポイント・・・(C)
のうち、
(A)~(C)の「それぞれ別々に」、ポイントの受け取り指示メールが・・・、
つまり「3つの異なる内容・番号のポイント受け取り指示メールが来る」
ということと、
(A)~(C)の、どれを先にTOICAにチャージしても良い、順不同?、
順番は問わない、という点です。
(※受け取り指示のメールは、多分「提携先コード=企業コード」は同一で
 「確認番号」がそれぞれ異なるのだと思います。
 【マイナポイント④】トイカでの受け取り方法☆
 「マイナポイント受け取りに必要なもの」をご参照ください。)

サポートのお姉さんによると、

申請が完了したのちに、一か月後くらいに、
(B)と(C)の受け取りに関する指示メールが先に届くそうです。
(Aも同時かも?ちょっと忘れました)

で、
もしTOICAを残金を全部使って空にしたとすると、
まず先に第2弾の分の、(B)と(C)の7500円分(=7500ポイント)ずつを、
セブン銀行のATMにTOICAをかざしてチャージ・・・、
で行けるそうです。
ぞれぞれのメールのとおりに、合計2回、TOICAをATMにかざす、みたいな感じです。

メールが来た当日に、やれるみたいです。

それで、まず、15000円分が、確実に、TOICAの残金額として加算されて
一応、使えます。
でもそれは「プールしつつ」やれるので、無理に使う必要はありません。

で・・・、ということは、TOICAのチャージ上限が2万円なので、
5000分、空きがあります。

あとは、その5000円の空き領域を使って、
5000円までチャージしては使い、
5000円までチャージしては使い・・・、を繰り返します。
5000円じゃなくても、1000円や2000円ごとにチャージして使うのでもOKです。

(B)と(C)の15000円分が残ってプールされている状態のところに、
1000円チャージして1000円使い・・・、
を繰り返してもOK!ということです。

もちろん、3000チャージして3000円使う、とかでもOKです。
上限2万円の範囲内で(空き領域の5000分領域を利用しながら)、
それを繰り返します。

20,000円分をドンとチャージせずとも、
「ちょこちょこチャージのちょこちょこ使いの繰り返しでOK!」、
ということです。

もちろん、そもそも(B)と(C)のメールが来るまでは半月~1カ月はあるので、
その間に1万円チャージして使い切ってしまう、というのでも半分はすぐに済みます。
あとは第2弾分の15000円分のポイントを受け取り&プールしながら、
残りの1万円分を5000円分の空き領域で
「ちょこちょこチャージのちょこちょこ使いの繰り返し」をして
合計で2万円分のチャージを達成します。

それをできれば来年1月中旬くらいまでに終えます。
(ポイントをもらえる期限があるため。
 TOICAその他カードへのチャージの期限は2023年2月末まで。)

で、最終的に、チャージと使用を繰り返す中で、
「チャージ分の金額が20000円に達した時」、の
「その一か月後」???(と言ってたような・・・はっきり覚えていません)
(A)の受取指示メールが来て(と言ってたような・・・はっきり覚えていません)、
第1弾の分の5000ポイントがもらえる準備ができます。

あとは、TOICAに5000円分の空きを作ってから、
メールの内容を持ってセブン銀行にまた走って、
TOICAをATMにかざして、5000円分のポイントをゲットします。

結果、15000円分の(B)(C)のポイントを「プール」しながら、
合計20000円分のポイントをもらえる・・・、と、そういう形のようです。

サポートの方には感謝、です。

自分は現時点ではまだポイントを1円ももらえていません。

2022/11/20に3つとも全部を申請処理したので、これからメールが届くみたいです。

自分の聞き間違いかもしれないので、TOICAにマイナポイントをチャージしたい方は、
TOICAのサイトに行って、自分でも必ず、電話で聞いてみてください。

最初に出るのは受付だけの男性の方で詳しいことはわからないそうなので、
「折り返し詳しい質問をしたいのですがいいですか?」
と先に聞けば、そのようにしてくれると思います。

優しかった女性はその折り返しのサポート電話をしてくれた方です。

感謝、です。

※もちろん、こちらが横柄な態度ではいけません。ちゃんと品格をもって教えてもらいましょう。