★★★ Chromeでの「時間が進んでいます」のエラーの解決。「時を戻そう」。XPsp3+Chromeでも正常化できました。

  
※まだ書きかけです。すみません。
※間違ってたらすみません。
※メモ書きなので、自分でも意味不明な箇所も多いです。ごめんなさい。

  
★ 大まかな流れ

・Windows10で「Internet Explorer 11」を起動して、
・「信頼されたルート証明機関」の「ISRG_ROOT_X1」の有効期限を確認し、
・それが「2035/06/04」とかだったら
・それを普通に「.cer」拡張子のファイルとしてエクスポートして
・それを、XPのIE6、7、8、のどれかで、「信頼されたルート証明機関」のタブに「インポート」する。
 (インポート時にメッセージ出ますが、そのままOKすると完了します。)
・Chromeを起動して、「時間が進んでいます」のエラーが出るWebページを見てみます。
・エラーが出ずに、普通に見えたら完了です。

基本、XPsp3+Chromeでも下記のようにすれば、2021年10月現在、Google Chrome でWebブラウジングができます。
★2021年6月現在:XPsp3にGoogleChromeの旧バージョン(49)をインストールして、エラー無くWebブラウジングをする方法(GoogleEarthの旧版もこれで起動時のエラー無くいけます) 』
何もしないでインストールしただけだと、「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーでどのサイトも見れませんが、上記のようにすれば、そのエラーが出ずに、普通にWebページが見られるようになります。

そこへ今回の処置をすれば、XPsp3+Chrome でも、「時間が進んでいます」のエラーを出さずに、Webページが見れます。

参考Webページ
Let's EncryptのルートCA期限切れで OpenSSL 1.0.2が思わぬ事故を起こす件

https://okwave.jp/qa/q9928694.html

   
知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12250281127

Let's EncryptのルートCA証明書期限切れ、多数のサイトで問題発生

Let's Encryptルート証明書が予定通り期限切れ、Android端末は特に注意

「この接続ではプライバシーが保護されません」で見れない、突然証明書エラーが発生した原因と対処